> 自己紹介

▼ここで歌っています▼

アカペラグループ
OMU☆CHA(おむちゃ)

笑えるアカペラやってます

▼ここで仕事しています▼

ハーパーベンソン(株)
…化学メーカーです

▼ここでしゃべってます▼

フロラジ
大日本プロレスのアブドーラ小林サン、井上勝正サンとOMU☆CHAでお送りするネットラジオ

▼プロフィール▼


…こんな人です

> 検索
<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
大日本プロレス初体験!

5月26日(金) 大日本プロレス川崎大会に行ってきました。
プロレス初体験。それもデスマッチ団体です。
http://www.bjw.co.jp/
隠岐の闘牛を観たときには、血を流してる牛を見て「痛そう・・・」と言ってたボクに、レスラーの流血が果たして耐えられるのか??

やっぱり、生で見る試合はすごいですね。
鍛え上げられた選手たちが、殴る、倒れる、飛ぶ飛ぶ、投げる。

そしていよいよ、セミファイナルの第4試合に、おふろの国でもお世話になってる、チーム若作り(タッグ名)のリーダー、井上勝正選手が登場
http://blog2.ne07.jp/prowrestling/1020/

3対3の6人タッグマッチ。

関本大介選手や、マンモス佐々木選手など、重量級のぶつかり合いは、それまでの試合よりも、さらに迫力がありました。
そんな大きな選手の中で、170cmの井上選手は、ひときわ小さく見えます。
試合の序盤に、金村キンタロー選手にハサミで額をザクザクやられて、顔面中が血だらけで戦う井上選手。
相手の3選手が、代わる代わる井上選手をマットにたたきつける姿を見て、会場からは「リーダー! リーダー!」と、叫び声。
ボクも一緒に声を出していました。

「リーダー!!」

その後、関本選手に交代して、一気に反撃ムード。
流血が止まらない井上選手は、リングサイドで頭に包帯を巻いて、再びリングへ。
相手の3選手を、次々に投げ飛ばして(技の名前がわからん)会場からは大歓声。
その後、何度かフォールされるも、2カウントでしのいでいた井上選手ですが、
奮闘むなしく、最後はマンモス佐々木選手の片エビ固めに屈してしまいました。

試合後の井上選手は、フラフラで歩くのもやっとという状態。
そんな井上選手の姿に、心から感動しました。

そして、メインイベントは、大日本のエース伊藤竜二選手や、デスマッチチャンピオンの佐々木貴選手、チェーンソーを持って登場する悪役人気レスラー沼澤邪鬼選手、そして、流血マシーンアブドーラ小林選手ら、人気選手の登場で、会場もますますヒートアップ。
2つのリングの間に橋をかけて、行われるデスブリッジ6人タッグデスマッチ。
わかります?目測推定2.3メートルの高さに橋がかけられていて、その上からせんしゅが飛び降りたり、戦いが繰り広げられるんです。
f0047612_1812270.jpg


我らが、アブドーラ小林選手は、流血マシンの名のごとく、有刺鉄線バットで殴られたり、スパナで頭を血だらけにされたり、ひたすら血を流した後、デスブリッジの上から飛び降りて、130kgの巨体で葛西選手をつぶしたり、大活躍。
最後は、佐々木選手がデスブリッジの上から沼澤邪鬼選手を投げ落として、そのまま片エビ固めでフォール勝ち。

後楽園とかでやる場合は、蛍光管が出てきたり、すごく過激な試合になるんだけど、川崎体育館は禁止らしくて、ボクでも目を覆うことなく最後まで見ることができました(笑)

とにかく、選手たちのファイトは、生で見て始めて分かる感動でした。

また、絶対行きます!
[PR]
by u1_nagata | 2006-05-27 18:13 | プライベートゆういち
マジックスパイス初挑戦
f0047612_13404387.jpg

ネットのオフ会で、初めて下北沢のマジックスパイスに行って来ました。
マジックスパイスと言えば、言わずと知れた札幌名物スープカレーブームの火付け役。
そして、僕の大好きな歌手、一十三十一さんのお父さんがオーナーの人気店。
東京店は下北沢にあるんだけど、辛いカレーが苦手な僕は、今まで一度も行ったことがありませんでした。

辛さは、覚醒<瞑想<悶絶<涅槃<極楽<天空<虚空と、
7段階から選ぶんだけど、
近くの席の男性は、タオル片手に汗だくでカレーを食べてる。

それを見て恐れをなした僕は迷わず一番辛くない「覚醒」をチョイス。

感想は、「チキンが柔らかくって、すっごくおいしい!」
でも、辛さは全く問題なし。辛いのが苦手な人もきっと大丈夫。
僕は追加のスパイスを加えて食べました。
友達が「瞑想」を食べてたけど、こちらは、後から来る辛さだったね。
「極楽」や「天空」に挑戦してた人もいたけど、それは恐くて味見できなかった。

マジックスパイスは、好みの辛さを見つけてから楽しめるそうなので、
絶対また行こうと思いました。
次回の味を決めるために、家庭用の「マジスパ スープカレーの素」もご購入
下北沢お上りさんよろしく、マジスパのビニール袋を片手に家に帰りましたとさ。
[PR]
by u1_nagata | 2006-05-21 13:40 | プライベートゆういち
4人ライブ終了 そして次回は

日曜日、Grovy Voice イベントに出演しました。
残念ながら、忍の脱退が決まり、4人でのライブ。
OMU☆CHAのステージはショートバージョン
・リラックス体操
・フライン毛してるよ
・ケンボーショウマルカート
たった3曲
ケンボーショウは、僕が初めてリードボーカルをやりました。
はぶちの日記にも書いてあるけど、あれはおそらくOMU☆CHA史上一番激しく動いたと思う。
終わった後、かなり息が上がってたよ。

それから主催者の、どりをさんこと松本みどりさんとのアカペラもやりましたよ。
今まで結婚披露宴でしか歌ったことないんだけど、これも、随分練習したなぁ・・・。
こっちは、かなりマジメにかっこよく歌えたつもり。

今回のライブで、忍の脱退を発表しました。
大学院で思いっきり勉強したいという忍を心から応援しています。
ボクも、大学院時代は、とにかく勉強してたしね。

今まで5年くらい忍と歌ってきたんだけど、ステージングも、MCも、練習も、すごい存在感の持ち主でした。
忍のファンも多いしね。
そんな彼が辞めることは、OMU☆CHAにとって大きな損失だし、本気で解散も考えました。

でも、ここで辞めてしまってはもったいないような、すごくいい風が吹いて来たんです。
今、OMU☆CHAには追い風が吹いています。

これからもっとたくさんの人たちに、もっと大きなハッピーを届けられそうな感じです。
だから、OMU☆CHAは強力な新メンバーVillyを仲間に入れて再出発することになりました。

6月4日の「さがみはら環境まつり」は、Villyを加えた5人での初舞台です。
今回は既存の曲しか演奏しないけど、OMU☆CHAの進化を感じていただけると思いますよ。

今年はガンガン曲を作ります。
どんな曲ができるのか、自分でも楽しみです。
[PR]
by u1_nagata | 2006-05-18 20:30 | プライベートゆういち
   
アカペラグループOMU☆CHAの作曲担当&抗菌消臭剤メーカー「ハーパーベンソン」のウェブマスター永田雄一の日記です
by u1_nagata
> 最新のトラックバック
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
駅弁の歌
from アカペラグループOMU☆CHA
駅弁の歌…色んなところで..
from 歌うせぇるすまん
銀イオン効果 銀イオン殺菌
from 銀イオン効果 銀イオン殺菌
キリンブラウマイスター ..
from それ行けっ!ゆびお
ミラクリーン
from Sweet Tone fro..
はなまるマーケット ヘル..
from はなまるマーケット@はなまる..
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧